自己紹介③ 羽田

私の武器は、「大きな手」です。

エステの専門学校を卒業し、エステティシャンとして働いていた20代前半、

あるお客様の言葉をきっかけに、セラピストの道に進みました。

その方は肩こり、頭痛がひどくて、マシンでの施術の合間に、いつも肩や頭をもんで差し上げていました。

「この手」で人を癒すことができる、楽になった!と喜んでいただけるってことに気づき、

やりがいを感じていました。「あなたはこっちの道に行った方がいいんじゃない!?」という言葉に背中を押され

東京広尾のリラクゼーションサロンに勤め始めました。

これだ!という感覚とともに、水を得た魚のように、ひたすら施術に入っていたことを覚えています。

そこでの3年は今の自分のたたき台となりました。その後、山梨へ移住し、6年個人サロンをやり、

結婚、出産を経て、このお店と出会い、セラピストを続けさせていただきながら3児の母となり、30代も

終わろうとしています。

私自身も心身ともに悩みの多い20代、30代を駆け抜けてきました。「医学的に大きな問題はないけど、

不調でつらい」そんな方々を自分の「手」で癒し、明るさや快適な日常を取り戻してもらえたら。。

その思いを胸にセラピストとしてこれからも精進します!

羽田 桂子、39歳、神奈川県出身、あだ名 おケイ、B型、かに座、趣味 スポーツ観戦、好きな食べ物 餃子、

夫、9歳、5歳、2歳の娘、犬1匹、猫2匹と暮らしてます。以上、簡単な自己紹介でした。最後まで読んでいただき

ありがとうございました!