好転反応という言葉はご存知ですか?

こんにちは(´∀`)ボディコンフォートです!

1月も残りわずかですね!

今日は好転反応という言葉について書いていきます。

施術者側も受ける側も理解しておくとお互いにメリットになる言葉です(^O^)

 

「好転反応」とは?

※Wikipediaに載っていましたので引用させて頂きます。

慢性的に疲労していた筋肉がほぐれ、溜まっていた老廃物が血液中に流れること等が要因として考えられる。だるさや眠気、ほてり等を感じるケースが多い。眠気が生じると不眠症が治ったと勘違いしてしまうことがある。他、発熱、下痢、発疹、咳などに現れることもある。また、老廃物が尿として排出されるため、その色が濃くなったりする。その他にも、主訴となる症状が一過的にぶり返したかのように見える場合もある。

 

なんだか難しいことが書いてありますね(^_^;)

 

本来の反応

簡単にいうと…

「一時的に症状が悪くなったように見えるけど、カラダの正しい反応だよー(^O^)」

ってことです。

 

風邪を引いた時に、熱が上がりますよね??

あれってカラダの中に入ったウイルスと闘ってくれているからなんですね!

具合が悪くなったように見えるのですが、実はカラダが頑張ってくれているんです!

イメージはそんな感じです(^O^)

 

好転反応を理解しておく

好転反応という言葉を理解しておくと、施術後に一時的に痛くなったり、悪化したように見えても安心です(´∀`)

ただ、まれに1週間以上、好転反応が続く場合もあります。

そういった時は施術以外の違う原因が考えられますので、医療機関を受診するよう勧める場合もあります。

もしボディコンフォートで施術を受け、好転反応かな?と心配に思ったときは遠慮せずにご相談くださいね(´∀`)

今日もお読みいただきありがとうございました。