ぎっくり腰のときはどうすれば良い?

 

こんにちはヽ(´▽`)/ボディコンフォートです!

また寒気がきて寒いですね。。
雪なんて噂も…

しっかり防寒対策していきましょう!

今日は寒い冬になりやすいぎっくり腰についてのお話です(^O^)

 

コンフォートのお客様でもぎっくり腰で来店する方もいらっしゃいます。

そのとき大事なのは…

温める?

冷やす?

などと言われていますが、

 

それよりも、「どの程度動けるか?」が大事です!

 

なぜ「どの程度動けるか?」が大事かというと、

動かせる範囲は動かした方が改善しやすいからです。

 

昔の理屈は、「安静で」「横になって寝る」「冷やさない」

そんなことが言われていましたが、半分正解で半分間違いみたいな感じです。

 

間違ってはいないのですが、それだと改善するのが遅くなることが

いろんな研究でわかってきました(^O^)

 

ですので、もしぎっくり腰かなぁと思ったら、

まずは動ける範囲を確認して下さい。

 

前かがみになったり、少しひねったり、横に倒したり、

左右差も確認していくと動ける範囲が自分でもわかってきますよ(^O^)

 

そのとき、一ミリも動けないようでしたら絶対安静です。

それこそ、横になって冷湿布でも貼っておいて下さい。

そこから動けるようになったら少しづつ動ける範囲で動かしていくことです。

 

動かせるはずの筋肉を動かさないでいると、

血流が悪くなり、神経の伝達も鈍くなります。

そして回復したときの筋肉が固くなり動きが悪くなります。

これが改善が遅くなってしまう理由です。

 

もしぎっくり腰になったときには知識として頭に入れとくと安心です(^O^)

 

それでもどうにかしなきゃいけない!というときは、

状態をみて施術するかを判断していきますのでお気軽にご相談下さい(´・ω・`)

 

一番はぎっくり腰にならないような体作りが大事ですので、

普段からメンテナンスを心掛け、しっかり土台を作っていきましょう!

今日もお読みいただきありがとうございました。